受験・異動のシーズンにあたり

2014-03-11

【人間万事塞翁が馬】 この話は、中国の古い書物に書かれています。

【中国の北の方に占い上手な老人が住んでいました。
さらに北には胡(こ)という異民族が住んでおり、国境には城塞がありました。
ある時、老人の馬が北の胡の国の方角に逃げてしまいました。
このあたりの北の地方の馬は良い馬が多く、高く売れるので近所の人々は気の毒がり
老人をなぐさめに行きました。 ところが老人は残念がっている様子もなく言いました。

「このことが幸福にならないとも限らないよ」

しばらく経ったある日、逃げ出した馬が胡の良い馬をたくさん連れて帰って来ました。

そこで近所の人たちがお祝いを言いに行くと、老人は首を振って言いました。
「このことが災いにならないとも限らないよ」

しばらくすると、老人の息子がその馬から落ちて足の骨を折ってしまいました。

近所の人たちがかわいそうに思ってなぐさめに行くと、老人は平然と言いました。
「このことが幸福にならないとも限らないよ」

1年が経ったころ胡の異民族たちが城塞に襲来してきました。

城塞近くの若者はすべて戦いに行きました。
そして、何とか胡人から守ることができましたが、多くはその戦争で死にました。
しかし、老人の息子は足を怪我していたので、戦いに行かずに済み、無事でした】

春は受験や異動のシーズンです。何かを失った時に落ち込み絶望することもありますが、
他方で、それは、未知の可能性へのチャンスにもつながります。
「かえって良かった!」 、これは人の一生では良くある話です。
仮に上手く行った場合にも、決して慢心せずに心を引き締めておく。
謙虚になり支えてくれた人たちへの感謝の気持ちを忘れないようにする。
今後の幸運を心より願っています!

 

 

 

 


ソーシャルメディアで共有

過去の記事一覧

2019年の記事
2018年の記事
2017年の記事
2016年の記事
2015年の記事
2014年の記事
2013年の記事
2012年の記事
2011年の記事
2010年の記事
2009年の記事