ひとつのことが終わるとき

2014-06-08

恋にも仕事にも終わる時がきます。
ですが、この“終わり”の概念は、すごくわかりにくいので、
それがなんとなくわかる人と、はっきり言われないと、
わからない人がでてきます。

終わりの概念は曖昧で抽象的ですので、ひとつの事に納得しないと
次のことに進めないアスペルガー症の特性をもつ人にとり、
なかなか、次の行動にシフトすることが困難です。

例えば、いつまでも昔の恋をひきずるかたや、
ストーカーをやめられないというかた、
いったんゲームや漫画を始めるとやめられない中高生、
いつも話が長引くひとや、メールが長文になりがちなひと、
何度も電話をかけるひと、などいろんな姿で表現されるでしょう。

面談の場面でしたら、終わってもなかなか部屋から出て行こうとしないとか、
終わりの頃になり 「それでは今日は、これで」 という段取りになってから、
「あの~1つ聞いてもいいですか?」から始まり、「もう1ついいですか?」
と質問されるかたなど、わかりやすい例だと思います。

そういうかたは、終わりの概念を日頃からつくっておく、
時間の構造化を日頃からきちんと練習しておく必要があるんです。


ソーシャルメディアで共有

過去の記事一覧

2019年の記事
2018年の記事
2017年の記事
2016年の記事
2015年の記事
2014年の記事
2013年の記事
2012年の記事
2011年の記事
2010年の記事
2009年の記事