パニックを静める(1)

2014-09-20

前回は、パニック障害になりやすいかたの例として、
不安体質のひと 「こだわり」や「こわがり」を幼年期から
もたれているかたたちのお話をしました。

このような不安体質のかたは、パニック障害になる準備段階として
思春期になると、人の視線や評価を気にして、新しい人との出会いや
集団参加を避けるようになる【社交不安障害】や、
ものごとを悪い方に悪い方にとらえてしまう【全般性不安障害】
自然なかたちで併発するようになります。

成人早期に発症するパニック障害は、

この2つの不安障害の上にのりかかるイメージになります。
そのため逆に言うと、パニック障害のドキドキは薬で治っても、
この2つの不安障害は、そのまま残ってしまうという現象も生じます。
パニック障害の根が深く、治療に相当時間を要するのは、
実はこのような併存する不安障害が見過ごされるためです。

次回は、普通の人にも起きるパニック障害=誰にでも起きる可能性のある
パニック障害
についてお話ししたいと思います。


ソーシャルメディアで共有

過去の記事一覧

2018年の記事
2017年の記事
2016年の記事
2015年の記事
2014年の記事
2013年の記事
2012年の記事
2011年の記事
2010年の記事
2009年の記事