アルコールとパニック

2019-04-03

アルコールもまたパニック症状を誘発します。

特にビール、炭酸割。連日の飲酒や常飲は気分が不安定になりがちで、ますます飲酒量が増します。

ADHD(注意欠損症)の特性を持つ人は、焦りと衝動性から、特に、

アルコールに手を出しやすく、その結果、パニック症を発症する方が多いように思います。

まちがいなく外来でのアルコール依存は増えています。


ソーシャルメディアで共有

過去の記事一覧

2019年の記事
2018年の記事
2017年の記事
2016年の記事
2015年の記事
2014年の記事
2013年の記事
2012年の記事
2011年の記事
2010年の記事
2009年の記事