食欲抑制剤*舌下スプレー

2011-10-06

食欲を抑制する、世界初の画期的な舌下スプレー剤がイタリアで発売されました。
このスプレー剤を使用すると、わずか5分で空腹感が抑制されるといいます。

これまでのダイエットの問題点は、その実施中に必ず訪れる過度の空腹感によって、
気分のムラや、怒りやすさ、不安感が高まることにありました。
このことは減量のために低カロリーダイエットを行う人だけでなく、理想体重の維持を望む
すべての人に共通な懸念でした。

さて、この舌下スプレーの働きは、と言うと

  • 脳に働き満腹感をもたらす
  • 食物摂取コントロール作用として食欲を低下させる
  • ダイエットとの併用で減量効果を高める
  • 自然な満腹感や満足感を与える
  • 過度の空腹感や食欲を解消させる

などが期待されています。

スプレー剤の成分は、天然のセロトニン前駆物質で、もともとセロトニン自体に食欲、気分および睡眠を抑制する作用があり、中枢神経系の重要な神経伝達物質です。 舌下粘膜から吸収され空腹中枢へ素早く作用するため、まだ研究段階ですが、抑うつ症状の改善も期待されているそうです。

さて実際の効果はわかりませんが、まず、わたし自身が効果を試してみたいと思います。

 


ソーシャルメディアで共有

過去の記事一覧

2019年の記事
2018年の記事
2017年の記事
2016年の記事
2015年の記事
2014年の記事
2013年の記事
2012年の記事
2011年の記事
2010年の記事
2009年の記事