おとなのADHDの日常症状

2012-10-04

小児期に3つの行動特徴(不注意・衝動性・多動性)としてあらわれていたADHDも、
おとなになるにつれてその姿は変化していく。

個人差もあるが、おとなのADHDは、小児期に比べて多動性が弱まり、
不注意症状が目立つようになる。

おとなのADHDの代表的な日常症状をあげてみた。

(1)    おとなの不注意症状
忘れものや、なくしものが多い
見通しや予測といった時間概念に乏しく遅刻が多い、納期や期限を守れない
物事の先延ばし傾向がみられ、優先順位をつけることが苦手
注意力の維持が困難でミスが多い、気が散りやすい
ひとつの仕事をやり遂げられない、すぐ次にいく傾向
計画どおりにできない

(2)    おとなの衝動性を示す症状
仕事が続かず転職が多い
タバコやコーヒーを過剰に摂る、あるいは欲しがる
思いつきで行動をする、小旅行やレジャー
衝動的で無計画な買い物、特に趣味の道具やCDをすぐに買う、携帯電話の高額使用
周囲の刺激に敏感に反応し、一般に短気、江戸っ子気質

(3)    おとなの多動性を示す症状
そわそわしていて、いつも忙しい、忙しいと言う
舌の多動がある、いつもしゃべっており、ひとの話を遮る
なんでも引き受ける、仕事を過剰に受ける、PTAの役員が代表
貧乏ゆすり、いつも携帯電話をいじっている
感情の起伏が激しく、イライラしているように見える

どうだろうか、部分的に当てはまるかたも多いと思うが、複数に該当する場合は
一度、自分と周囲との関係を振り返ってみるのもよいと思う。

 

 


ソーシャルメディアで共有

過去の記事一覧

2019年の記事
2018年の記事
2017年の記事
2016年の記事
2015年の記事
2014年の記事
2013年の記事
2012年の記事
2011年の記事
2010年の記事
2009年の記事