「家族水入らず」は苦痛

2013-04-30

今日は朝から電話が鳴りっぱなしの1日だった。

ゴールデン・ウィークのなか日で、本来なら、家族水入らずで
楽しい語らいの日になる予定が、意に反して、高いフラストレーションの日に
なってしまったようだ。
親子も、夫婦も、すれ違いが、ちょうどよいのが現在の社会、
お互いに長時間、顔を合わせるとストレスを感じてしまうのだろう。

帰路、近所のスーパーに立ち寄ると、レジの所で、義理の母娘と思われる2人が、
「わたしが払う」「いや今日くらいは私に払わせて」と、押し問答をしている姿に出会った。向こうの列でも同じことが起きていた。
これだ、と思う。
「何もないほうが、かえってスッキリしませんか」と心のなかでつぶやいた。

 


ソーシャルメディアで共有

過去の記事一覧

2019年の記事
2018年の記事
2017年の記事
2016年の記事
2015年の記事
2014年の記事
2013年の記事
2012年の記事
2011年の記事
2010年の記事
2009年の記事