診断書について

2013-05-05

心療内科・精神科のクリニックでは診断書の交付を求められることが多い。
実際の診断についての、わたしなりの留意点を述べる。

初診から一定の期間は、状態像で診断することが多い。例えば、「抑うつ状態」が代表で、
最初から 「うつ病」と診断することは極力控えている。
診断の幅が最も広いのが「適応障害」だ。ストレス性障害で、いろいろな意味が
含まれているが、社会病名的なニュアンスもあり、ここでは割愛させていただく。

統合失調症は歴然と存在し、その症状は明瞭である。
同じように、躁うつ病も明らに異なる病態を示すが、
わたしのクリニックでは月に数えるほどしか出会いがない。
うつ病と不安障害はそれぞれ異なる病態を示す。両者の中間に近いところに、
パニック症候群が位置している。

いま話題の発達障害も、その存在はわかりやすく、すべての疾患群の基礎となるところに、
位置するので、いわば知的障害と同じような概念となり、生まれた時点でもつ。
そのため、他の病名との並列、併発が起きうる。
しばしば、「うつ病ですか、ADHDですか?」 と聞かれるが、
答えは、ADHDが先で、その後、うつ病を併発した、と答えている。
この場合、主診断はうつ病であり、小・中学生を除いて特別な場合以外で発達障害を
診断書に病名記載することは、わたしの場合ない。

ごく稀に、パーソナリティ障害の診断をすることがある。
この場合は、ご本人に直接ではなく、ご家族にまず説明し、その後、将来性を考慮し、
自身で気づき修正が可能と思われるかたには、御本人に説明するようにしている。
この病名を診断書や紹介状に記載することは、我が国ではほとんどないように思う。

診断については何年経っても判断に苦慮するケースが多い。
わたしの場合、DSM診断基準を携帯しているが、
先輩に相談したり、学会に問い合わせたりして研鑽を積むようこころがけている。

 


ソーシャルメディアで共有

過去の記事一覧

2019年の記事
2018年の記事
2017年の記事
2016年の記事
2015年の記事
2014年の記事
2013年の記事
2012年の記事
2011年の記事
2010年の記事
2009年の記事