医学生とアスペルガー

2013-07-18


医学生とアスペルガーは
昔から切っても切れない関係にあるでしょう。
推定ですが3割近くの医大生が傾向を持つのではないでしょうか。

受験勉強を始めるとはっきりした目標ができてきます。
ゴールがみえると、アスペルガーの子にとっては、
集中しやすい状況ができるのです。

社会性とイマジネーションに乏しく、かつ、
記憶力と集中力が高いタイプの子にとって、
目標をもつことで、一心に勉強に集中ができ、
偏差値が上がることで、自分にも自信が持てるようになります。

そのため理数系に強いアスペルガータイプの子どもは一定の割合で
医学部に入学してきます。

では、彼らが卒業して家庭を持つとどうなるのか、ここでは、
医師の妻から受ける相談をまとめてみました。

(1)    融通がきかない→怒鳴る
(2)    仕事と家庭サービスを平行できない
(3)    家族がいても1人になりたがる
(4)    意外に混乱しやすく、すぐにパニックになる
が代表です。強い責任とストレスも原因にあるでしょう。

患者の側から受ける愚痴としては「わたしの主治医の先生はパソコンの
画面ばかり見て、私の目をみてくれません」が圧倒的に多く 「説明がない」など
いずれも発達の偏りを感じさせる相談となっています。

アスペルガー的傾向をもつ医学生にとり診療科の選択は、
その特性から『一人で静かにできる仕事』を選び、『対人接触の少ない、あるいは、
定型化した会話で事足りる診療科』を選びたくなるので、
『麻酔科・放射線科・眼科・耳鼻科』に多くみられるように思います。
(逆に言うと特性に合うと成功する先生も多くいます)。
基礎医学など職場環境の変化が少なく対人関係の制限された領域
で成功する先生もいます。

“じゃあ、おまえの精神科はどうなんだ?”と聞かれると、
“3割の先生は普通です”と答えるようにしています。
すると、相手も “そうですよね” とニッコリ笑って言うので、
私も笑って、そういうことにしています。

 

 


ソーシャルメディアで共有

過去の記事一覧

2019年の記事
2018年の記事
2017年の記事
2016年の記事
2015年の記事
2014年の記事
2013年の記事
2012年の記事
2011年の記事
2010年の記事
2009年の記事