低用量ナルトレキソン療法

2009-09-09

51AvTrZeHFL__SS500_

ガンと自閉症、多発性硬化症、パーキンソン病に有効な低用量ナルトレキソン療法
(LDN)の初めての一般書籍が、平成21年3月に米国で発売されました。
ナルトレキソンの低用量経口投与は、免疫力を上げガンの増殖をコントロールする安価で副作用のない治療として、米国国立ガン研究所とミネソタ大学で臨床研究が進行中です。
この治療は高濃度ビタミンC点滴療法との併用、あるいは単独療法としても適用が可能ですのでご紹介しました。

LDNの基本的な知識とガンに対する効果を簡易に理解することができる、
LDN&Cancerの要約の一部を点滴療法研究会の柳澤厚生先生が翻訳されていますので下記にご紹介いたします。LDN and Cancer(日本語).pdf


ソーシャルメディアで共有

過去の記事一覧

2019年の記事
2018年の記事
2017年の記事
2016年の記事
2015年の記事
2014年の記事
2013年の記事
2012年の記事
2011年の記事
2010年の記事
2009年の記事