風の中のマリア

2013-08-19

カテゴリー: スタッフブログ

「永遠の0」の作者で話題になっている百田尚樹さんが書いた本で
「風の中のマリア」をお盆中に読みました。

スズメバチを人間になぞらえて物語を展開させていく小説ですが、
それがとてもドラマチックで面白い。
スズメバチの一生は30日足らず、限られた時間の中で
虫の世界の厳しさとはかなさに心を打たれます。
                            まーち


ソーシャルメディアで共有

過去の記事一覧

2019年の記事
2018年の記事
2017年の記事
2016年の記事
2015年の記事
2014年の記事
2013年の記事
2012年の記事
2011年の記事
2010年の記事
2009年の記事