2012年6月

2012-06-10

精神疾患を持たれるかたの障害者雇用が難しくなっている。 企業には法定雇用率というものがあり、一定の人数で障害を持たれる方を雇用しなくてはならない。その障害を持たれるかたの雇用形態には、身体・知的・精神の3つの分野があり、 […]

»続きを読む...

過去の記事一覧

2018年の記事
2017年の記事
2016年の記事
2015年の記事
2014年の記事
2013年の記事
2012年の記事
2011年の記事
2010年の記事
2009年の記事