Archive for 2019年

2019-09-01

引きこもりが増えています。世代に関係なく、男女に関係なく、増えている印象を受けています。 大家族から核家族化への移行に伴う、子供への過保護過干渉が、将来の上司との職場適応を下げて離職を上げた背景が言われています。 引きこ […]

»続きを読む...

定年期外来 50代の男性には、しばしば定年してからの不安定なミライに由来する、不安が隠されていることがあります。 具体的には、 ・60歳で会社を辞めた後、何をしたらいいか見つかっていない。 ・子供がまだ学生だ。 ・残業代 […]

»続きを読む...

2019-06-22

このたび新潟で開催されました、日本精神神経学会学術総会で、 メンタル不調による休業者と医療スタッフボランティアとで取り組むフードバンク東九州の活動を報告してきました。 独創的な活動としてご評価をいただきました。ありがとう […]

»続きを読む...

2019-05-06

聞き手 私が中学生の頃(今から数十年前ですが)、「この勉強が将来何の役に立つんだーっ」と勉強を投げ出したくなる時がありました。 最近の中学生からも同じことを聞きます。今も昔も変わらないですね。 院長 では、中学や高校での […]

»続きを読む...

2019-05-01

平成から令和に改元されました。新しい時代を迎えます。

»続きを読む...

2019-04-13

聞き手 「人からの評価が気になる」「人の目が気になる」っていうのは、どういう心のメカニズムなのでしょうか? 院長 「他人の心」のように「自分の力でコントロールできないものに注視する」傾向は、完璧主義の一つの現れだと考えら […]

»続きを読む...

2019-04-03

アルコールもまたパニック症状を誘発します。 特にビール、炭酸割。連日の飲酒や常飲は気分が不安定になりがちで、ますます飲酒量が増します。 ADHD(注意欠損症)の特性を持つ人は、焦りと衝動性から、特に、 アルコールに手を出 […]

»続きを読む...

2019-03-29

腹痛や下痢を訴える患者さんの中に、結構な割合で、パニック障害の胃腸型の方がいらっしゃいます。 抗不安薬の投与で消化管症状がなくなるのがポイントです。吐き気を伴う方にも奏功します。

»続きを読む...

2019-03-28

めまい や ふらつきを訴える患者さんの中で、メニエール病だと思って、耳鼻科に行かれる方がいますが、結構な割合で、パニック障害の聴覚型の患者様がいらっしゃいます。

»続きを読む...

2019-03-18

パニックを持つと危険はなくても急に不幸を予感する症状がでてきます。 似ているものに職場や学校などで、相手の気分に容易に同調する現象があります。 片方にパニック発作が起きると、もう1人が泣き出すような感じです。 不安は家庭 […]

»続きを読む...

過去の記事一覧

2019年の記事
2018年の記事
2017年の記事
2016年の記事
2015年の記事
2014年の記事
2013年の記事
2012年の記事
2011年の記事
2010年の記事
2009年の記事