こころの先生クリニック(精神科専門医研修施設)/大分/心療内科/精神科/高濃度ビタミンC点滴

こころの先生クリニック
こころの先生クリニック

がんにナルトレキソン

低用量ナルトレキソン療法とは

副作用がなく安全に免疫が活性化されるがん治療法です。がん治療以外にも、リウマチ・パーキンソン病・過食嘔吐症・過敏性腸炎にすぐれた効果をもちます。
女性の美容効果もてきめんで、むくみのないシャープな顔の輪郭をつくります。最近の治療法として発達障害にもきわめて有効です。

ナルトレキソンの薬理作用

ヒトの体内で気分のコントロールや免疫系の調節するエンドルフィンを産生します。

エンドルフィン増産の効果

自律神経をおだやかにします
傷の治りを促進します(火傷のあとなど)
炎症の抑制 (ぎっくり腰やヘルニアなど)

低用量ナルトレキソン療法の適応症

リウマチ・SLEなど膠原病
発達障がい(ADHD)・過食嘔吐症
過敏性腸炎・クローン病
多発性硬化症
パーキンソン病・アルツハイマー病
筋委縮性側索硬化症

低用量ナルトレキソン療法によるがん治療

がん患者さんが服用するとがん細胞のアポトーシス(細胞死)を誘導させますが、
正常細胞には変化はおきません。

低用量ナルトレキソンの安全性

ナルトレキソンは米国の健康保険適応のお薬です。FDA(日本の厚生労働省にあたる)の審査を合格した薬剤で、米国での保険適応量は50~200mgです。 我が国の低用量ナルトレキソン療法では3mgという、ごく低用量を使用し安全です。筆者も半年ほど服用しましたが、とても体調が良く仕事がはかどります。筆者は院内でビタミンCの点滴をしていますので服用の必要はなくなりましたが、自宅での健康管理に単剤を選ぶとしたら必需品です。

低用量ナルトレキソンの料金について

自費診療で、1日当たりの料金は540円となっております。


ソーシャルメディアで共有