当院が労働者の皆様にお手伝いできること

当院は2020年に向け、労働者の権利や人権、企業の社会責任について

メンタルヘルス・ストレスチェックに関するご相談

image当院は、労働者専門のクリニックとして、メンタルヘルス&ストレスチェックに関するあらゆる質問、
ご相談に応じております。
特に職場でのストレスチェック実施前のご不安だけでなく、結果通知後の不安、対処法にも丁寧に対応しております。もちろん、結果通知時に “高ストレス群” と判定された労働者の皆様にも、安心していただける面接指導を実施しております。

面接指導の実施に係る流れ

ストレスチェック制度に関するご相談

imageストレスチェックテストを受けることで、自身の心の健康を知り、これまで気づかなかったストレスを知ることができます。テストの結果により、心の健康に不安を持った場合にも、第三者機関を利用するなど、自発的な行動をとることができます。

尚、ストレスチェックテストの結果、「ストレス度が高い」と判定された場合は、個人的な受診も十分に可能です。

「ストレスチェックテストを受験しない」「医師の面接指導を受けない」からといって、
会社は、労働者に不利益な措置を与えることは禁止されています。
医師の面接によって就業上の措置を得たからといって、それ以外の不利益な措置を与えることも禁止されています。ですので安心してストレスチェックを受けましょう。

※「事業者は、労働者が申出をしたことを理由として不利益な取扱をしてはならない」
(労働安全衛生法第66条の10第3項)。

image当院は、精神科の専門国家資格スタッフである、
精神科産業医・精神科看護師・精神保健福祉士・
産業カウンセラー・臨床心理士・キャリアコンサルタントが在籍しており、医事・労働問題に強い弁護士と連携し、ストレスチェックに関する不安や、労働者が直面するさまざまな疑問に対し、その時点でベストと思われる
アドバイスを心がけております。

休職、復職者のためのリワーク・デイケア

うつ病を含む『気分障害』の患者数は約104万人を超え、そのうち、うつ病で休職している労働者は、全国で10万人を超えると推計されます。

うつ病の再発率は60%以上あり、再発することで、さらに再発率が高まるといわれます
休職後に復職しても、再発、再休職を余儀なくされる方は決して少なくはありません。

当院では、休職中の方や、復職を前に不安を持たれる方の事前対策に、
リワーク・デイケアを実施しております。

image当院のリワーク・デイケアの目的は、休職期間の短縮と確実な復職合格です。
そのため、どうしてもレベルの高い努力を受け入れていただかなくてはならない時もございます。
具体的には、体調の自己管理 (セルフケア)・復職準備到達度の確認・職務遂行能力の日常生活への取り込み・労働安全法規や休職復職に関する様々な法的知識も身につけていただきます。
また、すべての企業様が言われる基本NG事項として、ドタキャン、遅刻、みだしなみ、
自分本位、生産性の低い職場復帰につきましては、常識としてご指導させていただきます。
何故なら、その後の人生で必ず失敗されているからです。

 

imageしかしながら、当院は復職が人生のすべてだとも考えておりません。
転職や兼業など時代に即したライフワークの発案こそが、格差社会への本質的対策だと考えています。
このことが、過去のリワーク・デイケアとわたしどもが大きく異なる点でしょう。
私たちスタッフ、同じ悩みを抱える仲間たちと共にリワーク・プログラムを通じて復職、新しい人生設計に一緒に取り組んでいきたいと
考えています。


ソーシャルメディアで共有