コロナワクチン体験記

2021-05-20

先週、コロナワクチンの第1回目接種に行ってきました。

実は、行く前までは消極的でした。どちらかというと、医師としての立場というか責務で行ったような感じです。

実際の接種は全くと言っていいほど痛みはありません。かなり細い針で部位も選んでいるのでしょう。

副反応は男性と女性で少し違うようです。私の場合、接種した側の肩から上腕にかけての痛みが3日ほど続いて消えました。肩の痛みが消えかかったころから、身体のだるさと喉の痛みが発生し、ちょっとだけ咳がでました。次に頭重感、夜中には寝汗、そして最後に鼻水で終了しました。

よく考えたら、コロナの症状を1週間で一巡したように思います。

同じ日に接種した仲間に聞いても、だいたいこんな感じのようです。

接種前と接種後の一番の違いは、接種前はあまり乗り気ではありませんでしたが、接種後は、気分的にポジティブになったように思います。

接種証明書が発行されれば、これまで行けなかった冠婚葬祭や病院へのお見舞い等にも行けるのではないかと思い、かなり安心感が出てきました。


ソーシャルメディアで共有

過去の記事一覧

2021年の記事
2020年の記事
2019年の記事
2018年の記事
2017年の記事
2016年の記事
2015年の記事
2014年の記事
2013年の記事
2012年の記事
2011年の記事
2010年の記事
2009年の記事