心療内科・精神科



どんなときに受診し、どんなことが相談の対象になるのでしょうか?

心療内科・精神科の外来は保険診療で取り扱わせていただいております。
パニック障害、社交不安症、不眠、うつ病などストレス関連疾患や、家庭・学校・職場の問題を中心に検査、ご相談にのっています。
発達障害(ADHD・アスペルガー障害)の検査・診断・対応のご相談にのっております。
当院は精神科専門医研修施設で、診断や治療のアドバイスは精神科指導医・専門医が担当します。

精神科専門医研修施設

うつ病ではなく、簡単に治る病気かもしれません
慢性疲労や倦怠感、不登校、集中力の低下、やる気が出ない、食欲がでない、これらの症状の出現には何年にもわたる無症候期があり、発症前の食生活や生活習慣が大きくかかわっています。 なかでも 【フェリチン低下による鉄欠乏】 と 【糖質の過剰摂取による低血糖】 は心の問題と大きな関連があります。 希望により採血検査も行い、栄養医学的な視点でも身体疾患や栄養素の不足を評価しています。

ストレスと食(食育)
私たちが毎日食べている食事の内容が細胞の老化のプロセスをコントロールする重要な環境因子であることが解明されています。科学的な観点から毎日食べている食事を考え直し、より健康的なメニューを考えることが大切になっています。 毎日の食事内容をお聞きした上で、うつやがんを予防する抗酸化食材の指導や糖質制限食などもご提案させていただいております。

精神科専門医の研修施設に認定されました

精神科専門医研修施設
平成27年4月より、日本精神神経学会の定める精神科専門医の研修施設に認定されています。専門医研修施設とは、精神科の基礎的素養が身につけられる医療機関として学会が認めたもので、当該施設で研修を行うことにより精神科専門医になることができます。


ソーシャルメディアで共有