[こころの先生クリニック]ネーミングの由来

Q.「こころの先生クリニック」の名前の由来は何ですか?

A.
食育講演会も終わり、質疑応答の時間になると、しばしばこの質問をお受けします。

クリニックのネーミングにつきましては、次のような経緯がありました。
わたしの先祖は、明治37年、現在のクリニックにほど近い大分市佐賀関町で医業を創業しました(現在の三好眼科・内科医院)。創業者の三好興四朗(みよし よしろう)の妻・静代(しずよ)は、大分市坂ノ市にある流芳寺(りゅうほうじ)の 巖水道渓(いわみず どうけい)の娘であったことから、以来、その子孫である三好家の人々は、流芳寺を菩提寺(ぼだいじ)として信徒の道を歩んできました。

クリニックを開業するにあたり、わたしも菩提寺である流芳寺の当代の御院家(ごいんげ)、巖水敏哉(いわみず としや)先生にご挨拶に伺い、その際、「患家から、きのうは、こころの先生のところに行ってきたんですよ」と慕っていただけるような医師になってください。というお言葉を頂戴し、「それはいい」と、そのまま、『こころの先生クリニック』 とネーミングしました。


ソーシャルメディアで共有