どうして精神科医になったのか?

2024-01-30

長崎大学医学部を卒業して大学院で遺伝医学を専攻したのがきっかけです。

当時はメンデル遺伝の法則に従わない、多因子遺伝の研究が盛んで、その代表である精神疾患の遺伝研究のために、母校の精神医学教室に出入りするようになったことがきっかけでした。

そのため、私の精神科は、遺伝因子と環境因子の2つの軸で診療する習慣が「型」になっています。

遺伝因子の事を現在では、「発達特性」と呼ぶことが増えており、環境因子の代表は「トラウマ体験」です。

私の場合、どちらかというと、昔研究した遺伝医学が、今役立っています。

過去の記事一覧

2024年の記事
2023年の記事
2022年の記事
2021年の記事
2020年の記事
2019年の記事
2018年の記事
2017年の記事
2016年の記事
2015年の記事
2014年の記事
2013年の記事
2012年の記事
2011年の記事
2010年の記事
2009年の記事