クリニックからのお知らせ

2022-05-19

だいたい、一番困ったときに、その人の能力は発見しやすいと思います。 ほとんどの人は、困難に際して、適当に外界を操作することで解決を図ろうとするものです。「自分を変えよう」なんて思う人は、そうそう居ません。いたとしても、持 […]

»続きを読む...

ロフトの作成は、各部位の担当者に分かれて作業を開始します。 空いている作業を自発的に探したり、コンビで作業をしてみたり、能動的に動くことを目的としました。 当初は「完成しないかもしれない」という不安も多かったのですが、参 […]

»続きを読む...

2022-05-12

生きがいを求めやすい脳は、どうも元気をなくしやすいようです。 「やる気」とか「意欲」とか、「ちょっと熱しやすく冷めやすい脳」を持っている人は、 ふっとしたときに、「無力感」とか「空虚感」とか「虚しさ」を感じやすいように見 […]

»続きを読む...

2022-04-07

現在クリニックの治療は、薬剤、心理、看護、デイケアの4本柱を研究取り組んでいます。 日々向き合っている疾患は、   (1)躁うつ病 (2)強迫性障害 (3)パニック発作(フラッシュバックと解離) (4)発達特性 […]

»続きを読む...

2022-04-05

不登校の母子外来でよく見かけますが、次のような質問がお母さんから出たら、きっと過干渉な親だと思います。 「子供への対応の仕方を教えてください」 この質問は、10年以上、私を悩ませ、イライラさせてきた問いかけでした。 この […]

»続きを読む...

2022-03-07

自分一人でできる精神療法には、私たちのデイケアでは3つがあって、 ひとつ目が瞑想。 ふたつ目が良い心理本との出会い。 そして、3つめが箱庭です。 箱庭は、「コトバ」を使わないので、「コトバ」による先入観が起きない優れた精 […]

»続きを読む...

2022-01-13

私たちの抱える失敗の多くは、「複雑に考え過ぎて、実行しなかった」事が原因です。 頭で理解は出来ているのに、実行できない状態に自分を持っていってしまうからです。 「仕事をうまくいかせたい気持ち」と、「失敗をしたくない気持ち […]

»続きを読む...

2022-01-06

昨年最後のブログで「放火は許されない」事を扱いました。 その中で、クリニックの果たす役割のひとつとして「インフォームドコンセント」のあり方を考えました。 従来、「同意をとること」に意識が置かれ、信頼関係が出来上がるより前 […]

»続きを読む...

2021-12-26

大阪ビル放火殺人事件について多くの心療内科に携わっておられる方々がご心痛のことと思います。 事件以来、各方面から、ご心配や励ましの声をいただきましたが、あまりに突然の出来事で、考えるほどに言葉を失っていたというのが正直な […]

»続きを読む...

2021-12-21

患者様で、ネットでの誹謗中傷に困られて、うつ病になり、相談に来られる方が増えています。精神療法はもちろんですが、具体的な相談への返答として次のようにお答えしています。 ネットでの誹謗中傷は、有名人の自殺もあり、社会問題化 […]

»続きを読む...

過去の記事一覧

2022年の記事
2021年の記事
2020年の記事
2019年の記事
2018年の記事
2017年の記事
2016年の記事
2015年の記事
2014年の記事
2013年の記事
2012年の記事
2011年の記事
2010年の記事
2009年の記事