園芸療法を開始~「レイズドベッド」の組み立て1~

2020-04-14

コロナ休みを利用した精神療法の一環として、園芸療法の取り組みを開始しました。

4月11日より、「レイズドベッド」の作成に取り掛かっています。

※レイズドベッドとは、木で作った枠に土を入れ、花壇にしたり菜園にしたりにするものです。
地面から高い位置に植物を植えるので、立ったまま腰を曲げずに仕事ができ、また、座ったままや車椅子でも仕事ができるので屋内・屋外を問わず、植物を良い環境で育てることができます。

まず、自分たちで市販のレイズドベッドの組み立てキットを3台作成してみました。

次に、庭職人さんのご指導で、廃材を利用したレイズドベッドを作成しました。

↓組み立てキットの作成です。

Collage_Fotor1

Collage_Fotor2

↓廃材を利用したレイズドベッドの作成

・晴れた日、ブルーシートを敷き、木材を並べます。

Collage_Fotor3

・寸法通りの大きさに切り、組み立て開始(胴回り、脚(台))

Collage_Fotor4

Collage_Fotor7

Collage_Fotor8Collage_Fotor5

・脚(台)の上に胴回りを取りつけ、内部に斜めの板を張り、
・排水システムを底裏に取り付け
・排水システム以外から水が漏れないよう、グルーガンで隙間を埋める
・中にビニールを敷き、水が漏れないようにする

Collage_Fotor9

この後、接着剤が乾いたら、ニスを塗って出来上がりです。


謝辞 ☆レイズドベッドを用いた園芸療法の有効性については、2016年 デイケア開始時に、学校法人平松学園大分短期大学 園芸科の先生に発案をいただきました。
やっと実現することができました。この場を借りてお礼とご報告を申し上げます。


ソーシャルメディアで共有

過去の記事一覧

2020年の記事
2019年の記事
2018年の記事
2017年の記事
2016年の記事
2015年の記事
2014年の記事
2013年の記事
2012年の記事
2011年の記事
2010年の記事
2009年の記事