シネマサイキアトリーの実施

2020-07-21

7月17日(金)より、シネマサイキアトリー(シネサイキアトリー)を実施中です。

題材はジブリ作品から、宮崎駿監督の「風の谷のナウシカ」「ハウルの動く城」「風立ちぬ」そして、本日が「となりのトトロ」でした。

まず映画を見ながら、その内容についてメモを取り、感じたことを、参加者全員でディスカッションします。

ディスカッション終了後には、個人で感想文を書きます。

これまで何気なく見てきたジブリの作品でも、メモを取りながら見ることで、普段とは異なる視点で、ストーリーを解釈することができます。

学生時代の「黒板を見ながら板書をする」のと同様に、「映画を見ながらメモをとる」ことで、二つの事を同時に行う大人の学習法になっていきます。

感想文には正解がないので、思い切って自分を主張できるよい機会になります。

【出典】

・映画にみる心の世界―パノラマ精神医学 (金芳堂 2007年出版 中村 道彦 著)

・長崎大学 精神神経科学 教授 小澤寛樹Collage_Fotor2


ソーシャルメディアで共有

過去の記事一覧

2020年の記事
2019年の記事
2018年の記事
2017年の記事
2016年の記事
2015年の記事
2014年の記事
2013年の記事
2012年の記事
2011年の記事
2010年の記事
2009年の記事