"フラッシュバック”を取り除きたい

2021-07-08

ふとした時に、スッと昔のイヤな体験を思い出す、”フラッシュバック”という現象。

過去のトラウマ反応の一種だと考えられていますが、意外に悩まされている人が多いのではないでしょうか。

私の外来でも、気分のアップダウンの激しい人と、自閉性の傾向のある人によく見られます。不登校のお子さんは、ほとんどが”フラッシュバック”を持っています。

この、”フラッシュバック”があると、集中力が下がって勉強が出来なくなります。

楽しいハズの時間なのに、急に過去のヤな記憶に占拠されてしまい、ちっともくつろいだ気持ちになれない現象が起きてしまいます。

若い時代は特に、このヤな記憶に深入りしてお付き合いしてしまい、乖離(かいり)という、「まったく別のドラマの主人公になってしまい、急に声をかけられたりすると、ドキッとして我に返る」現象が起きたりします。

このヤな”フラッシュバック”を取り除くことが、若い人のメンタルヘルスにとても大切だと痛感しています。

なぜなら、苦手な科目や嫌な教科を勉強すると、このフラッシュバックを引っ張ってくるからです。その為、受験勉強がはかどらない、胃が痛い、頭が痛い、下痢をするなど、他の症状が出てきてしまうのです。

もし、どうしても困っている人が居たらご相談ください。


ソーシャルメディアで共有

過去の記事一覧

2021年の記事
2020年の記事
2019年の記事
2018年の記事
2017年の記事
2016年の記事
2015年の記事
2014年の記事
2013年の記事
2012年の記事
2011年の記事
2010年の記事
2009年の記事