『おせっかい』も悪くない時代かも

2021-06-15

土曜日の午後に印象深い外来がありました。

50代の独身一人暮らしの男性で柔らかな自閉症と完璧主義をお持ちのかたです。

5月から個人指導スタイルのスポーツジムに入ったそうです。理由は「とやかく言われないとやらないから。。」「私は人からとやかく言われるのが嫌でこれまで自分の好きなようにやってきた結果が今です。冷静に振り返ったら人生失敗でした。だから、これからは、とやかく言ってくれる人たちと付き合うことにしたんです。」と。

私は聞いてみました。「私たちはあなた様に、とやかく言ってきたでしょうか?」と。
すると、「ええ、いつも取り合ってくれました。普通ならスルーするところを笑ってくれたり、真面目な顔で頷いてくれました。あれが結局良かったんですよ。」と。

診療中に患者様から、褒められる事に対してはいつも、一定の距離を置くようにしています。
ですが、この日、このご返事は、なぜか嬉しかったです。

「大人は、無関心より、おせっかいなくらいがちょうど良い。」 

自分の家族のように考え話しかける、そんなことが大切な時代なんだと体感しました。


ソーシャルメディアで共有

過去の記事一覧

2021年の記事
2020年の記事
2019年の記事
2018年の記事
2017年の記事
2016年の記事
2015年の記事
2014年の記事
2013年の記事
2012年の記事
2011年の記事
2010年の記事
2009年の記事