100年以上生きる時代

2018-02-21

2007年生まれの子どもの半数は107才に達する。
平均寿命は110才~120才まで上昇し
その後も穏やかに延びる。その時、
「70才、80才、100才になった自分が今の自分を
見てどう思うか」想像して見て欲しい。
今、あなたが下そうとしている決断は
未来の自分の評価に耐えうるだろうか?
人生が50年、60年と短かった頃の判断を
してはいないだろうか。
われわれは、生まれ、そして、いつかは死ぬ。
だがその時まで生き続けなければならない。
今の瞬間がどんなに惨めでも、
100年の間には時代も人も価値観も変わるからだ。

cimetière américain st James


ソーシャルメディアで共有

過去の記事一覧

2021年の記事
2020年の記事
2019年の記事
2018年の記事
2017年の記事
2016年の記事
2015年の記事
2014年の記事
2013年の記事
2012年の記事
2011年の記事
2010年の記事
2009年の記事