レゴで創るコロナ後の理想都市2

2020-05-19

20200519_165922

前回に引き続き、コロナ終息後の社会をレゴブロックで作成しています。

この活動の目的は完璧主義とプライドを下げ、復職後の職場適応を高めること、コロナ終息後に予想される問題への対策をレゴブロックに落とし込むことです。

今回は、まず建物の配置やサイズ感をイメージしやすくするため、区画整理された既存の住宅地域を作成しました。

20200519_170538

この住宅地区を中心に、参加者同で話し合いながら進化を進めてみました。

今回はインフラ設備や医療機関など、健康面や生活必要な建物・施設に焦点が当てられ、

ダム、発電所、農場など自然の渓谷、山・川などを利用したエコな環境エネルギー、フィットネスや小さな診療所などを作成しました。

限られた時間の中で、住宅地域を作るには自分の中の完璧主義を下げた状態で作業をしていく必要があります。

ダムや渓谷、山などの大型作品は、1つのミスが作り直しにつながる分野です。

そのためミスに気づいたときにやり直すべきかどうか判断し次の行動に素早く移す実行力が求められます。

Collage_Fotor1

Collage_Fotor2


ソーシャルメディアで共有

過去の記事一覧

2020年の記事
2019年の記事
2018年の記事
2017年の記事
2016年の記事
2015年の記事
2014年の記事
2013年の記事
2012年の記事
2011年の記事
2010年の記事
2009年の記事