<食育活動>スペイン料理

2020-05-21

カテゴリー: 食育活動

本日は太陽がいっぱいのスペイン料理から
「パエリアとアヒージョ」を食育テーマに選びました。
「パエリア」にはサフラン、鶏肉、パプリカ、玉葱、アサリを使用しました。
食材のカットは3名で取りかかり、炒める段階は2人で協力して仕上げました。
スペイン料理は普段自宅では作りませんので、資料をみながらの調理です。
調理をしながらコミュニケーションを行いながら、2つ~3つの事を同時にする、

マルチタスクに取り組み完成しました。。

「アヒージョ」 はニンニク、ホタテ、マッシュルーム、白身魚、タコ、イカなどできるだけ魚介類とキノコを使用しました。

オリーブオイルを大量に使うアヒージョは、油の跳ね返りに注意が必要です。
お互いに協力して水切りを行い、油を跳ねることなく調理しました。
リワークで目的にする協調性、共同性の完遂です。。

今回、パエリアはフライパンで作成し、最後にはおこげができたので、美味しくいただきました。

アヒージョは最後に塩を入れることで味が整い、美味しく完成しました。

Collage_Fotor1


ソーシャルメディアで共有

過去の記事一覧

2020年の記事
2019年の記事
2018年の記事
2017年の記事
2016年の記事
2015年の記事
2014年の記事
2013年の記事
2012年の記事
2011年の記事
2010年の記事
2009年の記事