レゴで作った富嶽三十六景

2020-03-03

職場で仕事をするとき、必ずしも必要なモノが揃っているとは限りません。
そんな時、限られた資源を工夫して、仕事を進めていく必要があります。

今回のレゴは、今あるパーツを使って形にすることを目標にしており、大小様々な形のパーツが使われています、葛飾北斎の『富嶽三十六景  神奈川沖浪裏』です。

これを、スタジオのレゴボード上に作成していきます。

設計図を24枚のベースプレートパーツに分割して作成します。

画像3

設計図を分割・拡大すると、以下ようになります。

0EBA5E08-8D54-4D26-948F-A8C37243CB82

77A41335-3DFE-4B1F-A1C3-E010D0685C84

皆で分担して作成していきます。

画像4

画像2画像4

3月3日現在の経過です。

画像1


ソーシャルメディアで共有

過去の記事一覧

2020年の記事
2019年の記事
2018年の記事
2017年の記事
2016年の記事
2015年の記事
2014年の記事
2013年の記事
2012年の記事
2011年の記事
2010年の記事
2009年の記事