便秘 大分

2013-07-06


大分発の便秘外来は、がん患者さんとの出会いからはじまりました。

わたしどものクリニックでは高濃度ビタミンC点滴を、
より高いレベルの治療をご希望される患者さんに用いています。

ビタミンCには“殺がん作用”と
“抗がん剤の副作用をとる”2つの作用があります。

そのなかで、抗がん剤を併用しても副作用がなく
生活レベルが保たれる患者さんがあり、

そのかたたちに共通しているのは、便秘がなく、
水分が良く保たれ、排泄もうまくいっていることでした。

よく抗がん剤は毒だと言われますが、
うまく排便ができている患者さんはQOLもとても良い。

そんな経験から『便を出すことは究極のデトックス』 と
いう治療確信をもつようになり、

解毒と除去・メンタルケアの3つを目指した
便秘外来を開きました。
もちろん一般のかたの便秘症も歓迎です。

Key word: 便秘, 便秘外来, 大分, 大分市, こころの先生クリニック

 


ソーシャルメディアで共有

過去の記事一覧

2019年の記事
2018年の記事
2017年の記事
2016年の記事
2015年の記事
2014年の記事
2013年の記事
2012年の記事
2011年の記事
2010年の記事
2009年の記事